Pocket

こんにちは、Yuです。

アロマテラピーに本格的に取り組んで、すでに2年。

香りの純粋な成分がもたらす身体への効果は、植物には計り知れないパワーがあることを思い知らされます。

今日はここで、「たけしの家庭の医学」で紹介された認知症の予防・進行の抑制効果があるというアロマについて、紹介します💛

久々にどっぷり自分の趣味記事になりますが、じっくり読んでいただいた方に損はさせません!お付き合いくださいませ♪

たけしの家庭の医学でどんな紹介があったの?

健康情報テレビ番組「たけしの家庭の医学」では、アロマテラピーが認知症の進行を抑制したり予防になると放送され、反響を呼びました。いったい、どういうことなのかを見てみましょう。

何の香りが認知症に良いの?

 

嗅神経にこそ認知症の予防のカギを握っていると考えたのが、鳥取大学医学部保健学科の教授でもある浦上克哉医師。

昼間の起きている間には レモン+ローズマリー を嗅ぎ続けます。外出などある時には、香りを携帯できるアロマペンダントを付けて出かけます。

眠っている夜間には   オレンジ+ラベンダー をディフューザーでお部屋に焚きます。

香りを常に嗅いでいることによって、認知症の予防や進行の抑制に非常に効果があるということなんです。

 

アロマセラピーを学んでいる人にとっては「うんうん知っている」ということかもしれませんが、日本ではまだまだアロマセラピーは雑貨扱い。

香りを「楽しむ」程度にとどまり、化学物質で香りを偽って作っているアロマオイルも数えきれないほど存在します。

浦上教授は「香りが氾濫している今、化学合成で似たような香りだけを出しているものではなく、天然の植物から抽出した本物の植物由来のものを使うという事が大切です」と言っています。

そのメカニズムは?

認知症で初めにダメージを受ける神経だとされている「嗅神経」。そこから直接つながっている記憶を司る「海馬」にダメージをできるだけ伝えない、という部分に着目しています。

しかも嗅神経は他の神経と違って、再生可能なんだそうです

だから嗅神経を常に活性化させておけば、ここさえ守られれば、海馬にダメージが最小限で済む!

つまり、記憶にダメージを受けていく認知症は防げる!!というわけ。

この研究結果は浦上医師によって2005年の認知症学会誌に発表され、その後の研究でもアロマセラピーが実際の治療薬に近い改善例が得られたというのですから驚きです。

アロマオイルはどこで買えるの?

一滴の濁りもないメディカルグレードのオイル

本格的なアロマセラピーを行いたい人は、メディカルグレード(治療等級)のアロマオイルを使っています。

しかしアロマセラピーの本場であるフランスやドイツの薬局においてあるようなアロマオイルは、実は日本では非常に手に入りにくいです。

Amazonや楽天を見ても、すべての香りが揃わないか、常に在庫なし。アロマセラピストに問い合わせたりして取り寄せれば手に入るのかもしれません。

もっと簡単に手に入るのは、アメリカのメディカルグレードのアロマオイル・ヤングリビングまたはドテラ。

どちらも日本に支部があり、会員制の通販で購入可能です。

ドテラはいくつかAmazonに在庫アリですが、割高です。

 

ドテラをAmazonで買う

 

おすすめはHYPER PLANTSのオーガニックエッセンシャルオイル

アロマはよくわからないし趣味でもないけれど、認知症の予防やうっかり予防にちゃちゃっと使いたい、という方向けに国内で作られたブレンドのエッセンシャルオイルがセットになったものがあります。

これなら気軽に使用できますね。

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット

すでに昼用オイルと夜用オイルにブレンドされているので、自分でブレンドする手間がありません。特にご年配の方にとってはすごく便利です。プレゼントにも非常に向いています。

できるだけブレンドする手間をかけずに、パパっと使いたいですもんね。

もちろん、昼間お出かけしていても香りが嗅覚を刺激してくれる、アロマペンダントとのセットもあります。

ここのアロマオイルは、オーガニック認証機関
「BUREAUVERITAS(ビューローベリタス)」の認証を受けています。

ビューローベリタスは、1828年フランスで設立された、適合性評価及び認証サービスを提供する、世界最大級の第三者民間検査・認証機関です。

だから、浦上教授が言っていたようにきちんと植物由来の抽出オイルであることで安心です。

これからの季節のご両親へのクリスマスプレゼントに、自分へのご褒美に、アロマのセットはいかがでしょうか。

素敵なプレゼントであると同時に、体の事も気遣っているよ、とささやかなメッセージになりますよ♪

 

 

各香りにはどんな効能があるの?

ここまででも説明は十分なのですが、もっと知りたい方のためにそれぞれのアロマオイルがもたらす効果と効能もお教えしちゃいます♪

ラベンダー

基本中の基本、万能の精油ともいわれるラベンダー。

リラックス効果や安眠作用があることは良く知られているのですが、意外にも抗菌・抗真菌作用があることは知っていますか?

ニキビや肌荒れなんかに、とても効果があり、ニキビ跡が残らないようにお肌を活性化させる、瘢痕形成作用もあります。

化粧水を作る時の基本オイルです。

子宮収縮作用もあり、生理を早く終わらせたり分娩時に嗅ぐことでお産を進めるサポートになると言われています。

オレンジ

みんなが好きな柑橘系の甘い香り、オレンジ。

精神を落ち着かせて安心させるような作用があります。特にお子さんはオレンジを受け入れてくれる子が多いので、ぐっすり眠らせたいときにはこれ。

ラベンダーが苦手な子も、オレンジが混ざっていることで受け入れやすくなります。

柑橘系は光毒性があり、日光に当たると皮膚に炎症を起こしたりシミになったりするので、昼間の取り扱いに注意しましょう。

レモン

とっても身近なオイルがレモン。高いアロマオイルが並ぶ中で、レモンは比較的優しいお値段だったりします。

レモンの皮から抽出されるオイルは酸っぱい香りはしません。皮の苦みとレモンの甘みが混ざったような、爽やかな香りです。

レモンは頭をスッキリさせたり、集中力を高めたり、冷静さを保ったりする効果があります。

しかも、排出効果が知られているので白湯に垂らして飲んだり、お風呂に垂らして浸かったりと体の中の化学成分をデトックスしてくれるオイルとしても知られています。

オレンジと同じく光毒性があるので、肌についた状態で日光を浴びないように気を付ける必要があります。

ローズマリー

集中力や記憶を高めるハーブとして知られています。花言葉も、「記憶」。意識をはっきりさせたり元気の出るハーブです。

殺菌作用や抗菌作用もあり、ペットのいるおうちでは特に消臭効果が活躍します。ハーブそのものはお料理に香り付けとして使われます。

 

いかがでしたか?

科学的にアロマセラピーは効果がると証明されていますし、欧米では病院などで使用されているほど。

薬のように副作用もなく、癒されながら病気の予防や進行の緩和ができますよ♪

昼用/夜用ブレンドアロマ2本セット