Pocket

重い生理痛、辛いですよね。頭痛がすると、ササッと頭痛薬を飲みますよね。

ロキソニンなどのむ解熱鎮痛剤を使っている人は結構いるはずです。近頃は薬局でも手に入るようになったので、手軽に携帯できます。

でも、ちょっと待ってください。

その薬が、自身の身体からウイルスや菌に勝とうとする力、「免疫力」を下げることにつながっているとしたら・・・

 

解熱鎮痛剤、どんな時に使いますか?


ロキソニン、アセトアミノフェン、イブプロフェン、ボルタレン・・・

最近では様々な解熱鎮痛剤があり、それぞれの副作用や効き目の強さなどを考えて使用していることと思います。

医師から処方してもらえる薬の中には、劇薬指定されているほど強力な解熱鎮痛剤としてボルタレンというものもあります。

アメリカでは出産の後にボルタレンを処方されました。それほどまでに強い痛みに対して使用しますし、強いので空腹時には服用してはいけないと言われます。

 

そんな解熱鎮痛剤、どんな時に使っていますか?

頭痛、生理痛、歯の痛み。

発熱時の解熱剤として。

もし「よく使っているよ」という人がいたら、それは今ストップしてください。

体の反応を抑え込んでしまう


生理痛は、なぜ起こるのでしょう?

ホルモンバランスが崩れたり、体のめぐりが悪かったりするのが主な原因です。身体が冷えていると、血行が滞るために生理痛に伴う腹痛・腰痛が増します。

しかしそこで解熱鎮痛剤を服用すると、身体の「痛みが出る」という正常な反応を抑え込むことになります。

しかも、解熱作用でますます体を冷やそうとするために、「一時的に痛み治まるけれど、薬が切れたら悪化している場合がある」という悪循環を生み出します。

本来なら、痛みの原因にアプローチした対処法が必要ですが、それを無視して痛みだけを何とかしようとして薬で抑え込んでしまうことは体にとって非常にマイナスです。

 

また、ちょっと37度台の微熱があるからといってすぐ薬を服用する人は、要注意です。

もともと熱はウイルスや菌に対抗するために必要な免疫反応です。それを薬で無理やり下げてしまっては、いつまでたっても熱をぶり返すどころか、自分で熱を出して菌と闘おうとする機能、つまり免疫機能が下がっていってしまいます。

我が家の旦那はまさにこのタイプ。熱も出ていないのに薬を飲んでは、すぐまた風邪っぽいと言い出します。

義理の姉が薬剤師ですが、子どもたちにはめったに薬を与えません。風邪を引いたくらいならもちろん免疫を培うために薬は与えませんし、熱が出たって解熱剤を使いません。

子どもが風邪をひくと、早く元気になってほしくてついつい風邪薬を飲ませて看病したくなりますが、成長期に薬を飲ませて体の反応を抑え込むということは、ややもすると「致命的なミス」なのです。

特に海外のお医者さんは何でもまずは強い解熱鎮痛剤を使いたがりますし、日本のお医者さんはよく診てくれる代わりにいろんなお薬を出すところもあります。

将来お子さんが大人になった時に、免疫力が低い状態であれば様々な病気にかかるリスクは激増します。

熱が高すぎて眠れない、呼吸が苦しそうだという「睡眠に支障が出る時」以外には、気軽に服用させることはないようにしましょう。

しっかり眠って治すことは基本ですから、寝る前にだけ飲ませるのもまた選択肢の一つです。

 

ひどい肩こり・頭痛持ちの人も、良く服用することがありますよね。私もそうでした。

しかし、頭痛は原因が様々であり、特に肩こりや首こり、歯のかみ合わせの不具合からくる頭痛は、元のところを治さないといけません。

痛み止めは根本解決ではないので、よほど我慢できない場合のみ服用しましょう。

そもそも、よほど我慢できない頭痛が続くは何らかの危険な病気が隠れていることの可能性が高いです。できるだけ医師に相談しましょう。

 

とにかく、「気軽に飲む癖がある」「子どもの風邪にすぐ薬を飲ませる」という人は注意してください。

ちょっと様子を見て、考えて、そして服用しましょう。

 

薬を飲まずにいられない人は


長い間、薬を使ってきた人にとっては急にやめることは困難かもしれません。

特に、ひどい生理痛や頭痛、高熱があっても仕事へ行かなくてはいけない、子供の面倒を見なくてはいけないという人はたくさんいます。

早く子どもの熱を下げて保育園に生かせなくちゃ、という経験は私も何度もあります。

そのような時に薬に頼るな、というのはとても大変なことです。

でも、今少しでも知っておけば、「少しのことなら薬を飲まないでおこう」と考えることができます。

少しずつでも、将来の身体のために解熱鎮痛剤の役割を考えてみてくださいね。とくに子どもたちは「今」の生活が将来の身体の免疫力を作っていきます。

「風邪をひいて強くなる」という言葉があるように、たくさんのウイルスや菌と闘いながら強い身体を作っていくのです。

 

免疫力の差は歳をとるごとに実感してきます。まだたくさんの薬が出るようになってから何十年もたっていません。

薬に頼りすぎた時代の私たちがお年寄りになった時、どんな体になっているのか想像してみてください。

今80,90歳のお年寄りに元気な人が多いのはなぜなのか、想像してみてください。

自然と、「飲むのやめてみようかな」という気になるはずです。

 

代替療法を探してみる


具体的に、薬に頼らずどんな方法で痛みや熱と闘うのか、代替療法を紹介します。

生理痛対策

●お腹のツボを押す

生理が始まる1週間前くらいから押すと効果的とされていますから、日頃から押すクセを付けておくといいですね。

気海(おへそから指2本分下)、関元(おへそから指4本分下)、中極(恥骨から指一本分上)、帰来(中極から左右に指3本分離れたところ)の4点が、生理痛の緩和に良いとされています。


なかなか厳しい生理痛の人にはこんなアイテムも有効です。

コリや痛みに、貼るだけカンタン鍼治療!ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)

非常に効果のある鍼治療ですが、これは痛みやツボに貼っておくだけの簡単なものなので、上の生理痛のツボに貼っておくと効果があります。

足には三陰交(うちくるぶしから指4本分上)、子宮の反射区(かかとの内側のくぼみ)、血海(足の内側で膝のお皿から指4本分上)、なども合わせて効果のあるツボです。

 

●骨盤を整える

そもそも骨盤がゆがんでいると、気や血のめぐりが悪くなり、うまく月経時に起こる内膜の排出が行われません。その結果余計にホルモンが出て強い子宮の収縮が起こり、つらい生理痛になってしまいます。

そこで、日頃から体を動かして正常な位置に骨盤を戻してあげることが必要です。

時間に余裕があれば是非ヨガをお勧めします。ホットヨガでは体を温めながら骨盤のためのレッスンも行っているので、生理痛にはもってこいといえます。

★ホットヨガスタジオ L A V A★

寝る前にストレッチするだけでも有効です。

 

●アロマセラピーを取り入れる

100%植物から抽出されたアロマオイルの成分から、様々な効果効能を得ることができます。

イランイラン(ホルモンバランス調整効果)

カモミール・ローマン(生理痛の緩和)

ゼラニウム(体を温め、自律神経を整えます。ホルモンバランス調整効果)

ラベンダー(生理痛に伴う頭痛・不眠の解消)

クラリセージ(女性ホルモンに似た働きをする成分があり、婦人科系トラブルに効果的・生理痛緩和)

シナモン(生理痛緩和)

 

決して、化学香料で「作られた香り」では効果は得られません。成分が違いますから。

 

●体を温める

基本ともいえる、身体の冷え取りは生理痛だけでなく様々な病気に予防にもつながります。

発酵食品や根菜、スープなどをしっかり食べて体の冷えを防ぐほか、油分の多いお菓子を控えたり氷入りの飲み物をやめたりしてみましょう。

特に日本人は冷えやすいです。湯船にしっかり浸かる、靴下をはく、締め付ける下着を着ない、などで冷え対策をしましょう。

そして最近話題の布ナプキンは、生理痛の強い味方と言えそうです。大変そうだなと思う人は、試しに生理3日目や4日目だけから始めてみてはいかがでしょうか。

100%オーガニック布ナプキン【LINTEN】

今すぐなんとかしたい!薬に頼らず「冷え取り」で即効生理痛を緩和する方法

 

頭痛対策

●ツボを押してみる

百会(頭のてっぺん)、後頭部には風池・天柱・完骨といった緊張型の頭痛に直接効果のあるツボがたくさんあります。


片頭痛の場合、原因はそれぞれ異なるので痛みの緩和のツボである合谷が簡単に押せるツボです。


足はなかなか気軽にオフィスでもめる場所ではありませんが、崑崙や足臨泣などのツボもありますので日頃から鍼のアイテムを使って刺激しておくと効果的です。


鍼を刺すことなく鍼治療を可能にした“一般医療機器”ささない鍼 Acu Life(アキュライフ)

 

●アロマオイルを使う

ペパーミントやラベンダーは血管の収縮作用があり、頭痛に効果的です。

他にもローズマリーやカモミール・ローマンが鎮痛作用を持っています。

片頭痛には、特にベルガモットで鎮痛作用とリラックス作用が期待できます。

緊張性頭痛には、」筋肉の緩和や血行を促進するクラリセージ・ゼラニウム・ジュニパー・マジョラム

などが良いでしょう。

 

値段的にも手に入りやすく、使いやすいのはペパーミントとラベンダーです。一滴手に垂らして香りを吸入したり、こめかみやツボに塗ったりするだけで効き目があります。

 

高熱対策

薬で無理やり下げるのではなく、身体の機能に作用してくれる解熱法を探している方は、試してみてください。

●関節を冷却する

昔ながらの冷却法です。わきの下や股関節などの血管が集まる部分を保冷剤などで冷やします。

●アロマオイルを使う

ペパーミントの成分はメントールを含む、解熱作用のある強い味方です。

一滴を手のひらに広げ、足の裏に塗り込んだり、首の後ろに薄く広げます。

ただし、足の裏のような皮の分厚い部分なら大丈夫ですが、他の部位は塗ると効きすぎて痛い場合があります。かゆみ止めを塗って、ヒリヒリする感覚です。特にお子さんは足の裏以外は塗らない方が良いでしょう。目の周りには特に注意してください。

●水分をよく摂る

熱を下げるためには、たくさんの汗を蒸発させる必要があります。病原菌と闘っている間は体は熱が出ているのですが、一定以上上がらないようにするために常に水分が蒸発しています。十分な水分を取らないと、脱水症状になりやすいので気を付けましょう。

 

※熱さまシートは、安易に貼ることで防腐剤(パラベン)に過敏になりアレルギーを引き起こすもとになります。何事にも言えるのですが、人工の化学物質は使いすぎると過敏症をひきおこし、香料や着色料にも過敏になるので、薬と同じく使いすぎるのはやめましょう。


とはいえ、解熱鎮痛剤も医学の発展による恩恵です。これに助けられている人もたくさんいるでしょう。

大切なのは、「気軽に使いすぎないこと」です。何事もメリットとデメリットを見極めて、本当に必要な時にだけ助けてもらうような気持ちでいたいものです。