Pocket

こんにちは、Yuです。

今日は、お抹茶好きに捧げたいチョコということで、抹茶チョコを紹介します!

というのも、わざわざ選んだのは一番人気の抹茶生チョコではなく、「濃茶のしらべ」という、

the 抹茶

なチョコレート。しかも、宇治抹茶のマジな苦みと、ホワイトチョコの脳にくる甘みの共演と来たもんだから、写真を見ながら想像しただけでよだれが出ました!

軟化指が勝手に 「即ポチッ」 としてしまっていた・・・・( *´艸`)

私と同類の方は、以下を読まずしてどうぞ≫≫【濃茶のしらべ】を即ポチする

 

濃茶のしらべの美味しさをあなたにも伝えましょう!

和紙に包まれたお上品なパッケージで登場。

モダンな色合いの桐箱に入っているではありませんか~!

そう、お上品なんです。お茶屋さんのお抹茶ですから。

軽い桐箱をパかっと開けると現れる包装もまたお上品。

現れました、濃茶withチョコ!!

濃いい色のお抹茶が、パッケージ開封前からすでに鼻先に香ってきます。

このつまようじの細やかな出来も、日本っぽくって大好きです!

こんなに小さい作りなのに、先っちょまで繊細。まさに、日本人のなせる業。

さて、おチョコ様にご対面。。。

一粒一粒が小さくて、繊細。

指の先っちょほどの粒に、ギッシリ詰まったお抹茶の香り。

たまりません・・・

今すぐパクっといきたいところをグッと抑えましょう。

ワンちゃんで「待て」ができるって、相当我慢強いですよ。本当、即口に放り込みたい衝動に駆られるほどの形と香りでございます。

では、我慢して断面図をどうぞ。

果物ナイフで失礼して、さっと半分に切ってみました。

どうですか?このなめらかな断面図。

隅々までお抹茶がぎっしり。なおかつスッと包丁が入るほどのなめらかなチョコと混ざって・・・

もうどんな口どけなのかは想像できますよね??

もっと、もっとくれ!!

というわけで、旦那へのバレンタインのはずが私と娘で半分食べてしまいました・・・ついでに末っ子っも奪い取って食べる始末。

長男だけは、お茶の色を見て口もつけませんでした。

だって、一つ食べたらまた食べたくなる。

「もっと食べたいなと思うくらいが一番おいしく食べられる」

と言いますけどね、はっきり言います。

「もう嫌だと思うまで食べたい」

パクっと口に入れたら、トローンと甘みが広がり、お抹茶の香りを鼻いっぱいに吸い込んだら、チョコはもう口の中にはありません。

それくらいなめらかで、味わっていると溶けていって、甘みと苦みを感じているうちになくなってしまうんです。

「おいしいから、また後でにとっておこう」ができません。

なんか安い食レポみたいになってしまいましたが、まああれです。

「抹茶が好き」

な人に贈り物しようと考えたら、これなら間違いないでしょうってことです。

濃茶のしらべ
【伊藤久右衛門】 他にもお茶屋さんならではの抹茶スイーツが盛りだくさん。迷ってしまうこと間違いなしの伊藤久右衛門で抹茶スイーツ三昧!