Pocket

 

 

こんにちは、Yuです!
なんお、今の今まで健康診断をAで通ってきた旦那が、転職先の健康診断で突然のD!!!
見ると、悪玉コレステロール値が正常の範囲内をだいぶ超えているらしく、検査結果には

「脂質異常症を認めます」

と。その下には

「就業可」

そんなにぎりぎりだったの!?危うく就業できないところ!??
すでに元の会社は辞めちゃってるし、こんなに頑張ってステップアップした転職ができたのに

「脂質異常症で働けません」

とか笑えない!!
要精密検査って書いてあったけれど、すでに数値まで出ているのにこれ以上何を調べるのか・・・
色々調べたところ、脂質異常症は食事と運動の双方から生活習慣を改めることで改善していくらしいので、まずはできるところから始めることにしました。

脂質異常症に至るまで?その原因は、予想通りですよ。

まあ、でも心当たりはバシバシあります。
喫煙者の旦那が私にののしられること数年。そこから頑張って気合で禁煙してからというもの、「たばこのかわりになるもの」を探しては行きついたのが(やはり)お酒。
毎晩500ml酎ハイを1本か2本開けていました。
しかも、夕飯時ではなく子供を寝かしつけた深夜。
晩酌していれば、自ずとスナック菓子を口にしたくなるわけで、毎晩一袋を一人で空けてしまう。

もうお分かりですよね??
どんなに辞めろと言っても、「じゃあどうやってストレス発散するんだ」と言って聞かない。
見る見るうちに、旦那のお腹も顔も、パンパンに膨れていきました。

私の妊娠中期より出ています。(私は妊娠ン7か月までほぼ平らなタイプ)

酎ハイは糖質たっぷりで甘いし、アルコールも栄養になるわけではない。カロリーは1本大体300cal前後。
スナック菓子の油は、どんな油の中でも一番悪い油。人が一番口にしてはいけない食べ物。カロリーは一袋大体350cal前後。

トータルで深夜にガッツリご飯を食べているカロリーになります。

しかも、中身はご飯ではなく「脂質」「糖質」のかたまりな「だけ」であるから、たちが悪い。

毎晩旦那にやめとけと言っても聞いてるんだか聞いていないんだか・・・

「俺は大丈夫」という思い込み

皆さんご存知、男性という生き物は(すべての人がそうではありませんが)自分がその立場に立つその時まで、なかなか自分を省みることができません。

特に身近な人の注意など、「うるさい」としか思っていません。(うちだけ??)

元々かなりやせ型でちやほやされてきた方だった旦那、「自分が太るわけがない」と思い込み、「自分はまだ若い」と思い込み、「健康診断で引っかかったことがない」と胸を張り、「他の人たちの方が太っている」と言い訳をし、全く省みなかったのです・・・

 

脂質異常症の症状?特にないんですよ。

そこで突然のD判定。
まあ驚きました。突然すぎて。旦那はググりまくりました。そしてようやく、

「お前が言ってたことはやっぱり正しかったんだな・・・」

と言いました・・・・。

やっぱり、ですかい??笑 うすうすダメだって感じてたんじゃん!!
医師という権威からビシッと活字で叩きつけられないと、自分の姿を省みることができない男性って多いのではないでしょうか?
そして、「脂質異常症」を慌ててググる男性も多いのではないでしょうか。

それくらい、特に身体に病的な不調を感じることはないんですって。

旦那の場合は、「疲れが取れない」「眠った気がしない」「首や肩が痛い」などの慢性的な不調はあったものの、いつものことだからとストレッチもせず、そのままの生活を続けていました。

 

そんな脂質異常症の旦那が必死で取り組むダイエットなどを、参考になればとお送りしていきます。

現在180CM、76kg。

数値をごらんの通り、ものすごい太っているわけではありません。それでもなるのが脂質異常症。

まずはダイエットから。

脂質異常症のご主人たち!
是非この記事を読んで、改善していってくださいね!!