Pocket

「ほうれい線なんて本当にできるの?」

と無邪気に思っていた20代。見れば見るほど、こんなところにどうやってしわができるのか、と思ったほどです。

若いって素晴らしい。

で、ですね。ついに、先日うっかり暗い中で鏡を見ていたらですね。

がっつりほうれい線らしきたるみの影が見えてしまったのです・・・それ以降、しっかり鏡と向き合うようになった私。

笑った時に頬にしわが寄ることや、目元のしわも枝分かれしていることが判明。

これは急いでどうにかしなくてはということで、壊れかけた10年物のオーロラシューティカルGにさよならをして、新しく美顔器を購入しました! 




 

The Beautytoolsの FacePumpで目指せすっぴんで外出!

たるんできた頬。下がっていた口角。口をすぼめると、マリオネットラインがはっきりと浮き出てきます。

仕事を辞めてから家庭に入り、顔の筋肉を使うことがぐっと減っていました。

なんとか顔の筋肉を鍛えてリフトアップし、ハリを取り戻してしわ対策しなくては・・・

と思って探していたのがThe Beautytools のFacePump。

数多くある美顔器の中から選ぶのは至難の業。そのなかからとりあえず、ネーミングで「これだ!」と思ったのがきっかけでした。

[pump]という単語の意味は、「送り込む・流す・注入する・洗浄する」など。

「ポンプ」をイメージしてもらうとわかりやすいですが、中へどんどん送り込んでいく感じ。なんだかポンプしたものは中からどんどん膨らんでくるイメージですよね。

それがこの美顔器のイメージなんです!!

 使うほどに華やかな未来へ 美容機器専門店 The Beautools

表情筋にアプローチ 

顔にはたくさんの表情筋があり、いくつもの筋肉を動かすことで複雑な表情を作っています。

でも、長時間無表情でいたり、しゃべらない時間が長かったりすると、身体の筋肉同様、顔の筋肉も衰えてきます。筋肉が衰えると、顔の脂肪や皮膚がしっかりキープされなくなり、たるみとなってくるのです。

最近では、若い人のたるみも良く見られるようになりました。特に長時間スマホを見ていることによる「スマホ老化」は顔のたるみにも深刻です。

下を向いて重力に引っ張られ、無表情でいることでたるみを加速させます。

スマホが当たり前となっている時代に、若いころからのたるみケアは必須となっているのです。

このFace PumpのEMS電流は、顔の筋肉にやさしく電気を通して筋肉に刺激を与えていきます。

ピクピクと筋肉の運動を促して、顔筋の衰えを防ぎ、キープしてくれるのです。いわば、顔の筋トレですね。

 

美容成分の吸収率アップ!

微電流と共に流れてくるのが、低周波パルス。

低周波は整体院や整骨院でも治療に使われています。お肌に使うことによって、細胞の間にほんの少しの隙間を作り、そこから美容成分が浸透していく仕組みを作り出します。

もちろん低周波を当てていないときは、細胞の隙間は元に戻っていますのでご安心を!

美容成分をたっぷり浸透させた肌はハリを取り戻しているはずです。

 

細胞の活性化を促す

電流のパッドの間に、赤いいランプがあります。LED光美容です。これは、特定の波長を発酵させる半導体。様々なエステでも光美容が取り入れられていますが、FacePumpには自宅で簡単にできるLEDが装着されています。

 

使ってみた口コミ

では、実際に使ってみた使用感などがこちらです。

手のひらサイズ!

重さもとっても軽く、握らずとも指先だけで扱えるほど。重さや大きさに関しては心配いりません。

絶妙なカーブが握りやすい。

このくらいであれば、旅行先やお出かけ先などにも簡単に持ち運ぶことができますし、荷物が余計に重たくなることもありません。

片手で扱えるので、私はいつも「ながら美容」しています。

特に朝の忙しい時間、持ち物の支度をしながらFacePump。 犬を構いながらFacePump。 テーブル拭きながらFacePump。

夜の時間も、ストレッチしながらFacePump。トイレなどの雑用をしながらFacePump。

慣れてしまえば、片手でできることならなんでも「ながらFacePump」できてしまいます!

忙しい合間に、できるだけ時短したい方にはぴったりです。

 

余計な経費が掛からない!

専用のジェルが必要ないのもポイント。

普段使っている美容液や乳液を塗った上からできるので、余分な化粧品を買う必要がありません。

以前使っていた美顔器はジェルが必要でした。でも、今回はナシ。

手持ちの化粧水や美容液を塗った上から行えばOK!

私は早速浸透してほしいオラクルの美容液を塗った上からすぐに行っています。

EMSも低周波も電流なので、少しでも水分を含んでいる方が通電しやすいです。お肌にしみこませる前に、FacePumpを使う方が成分を直接お肌の隙間から届けることができますよ!

 

顔がスッキリを実感♪

電流の強さが3段階で買えられますが、1段階でも結構満足の強さ。

特に皮膚の薄い目元やおでこは必ず最弱のところから始めないと、ピリピリします。

はじめのうちは、自分の顔の筋肉がどう走っていてどこにつながっているか、鏡を見て使ってみてください!

例えばですが。私は二重顎が気になっていたからあごに当てて使っていました。

あごの周辺をグイグイと動かしていたら、ググッと勝手に唇が引っ張られたんです!!!

こんな感じ↓曲がってる!ぶぶ、ブサイク〜汗  お見苦しくてすみません!!!

筋肉が収縮して、口が曲がったんですね。顎と唇はつながってるのかー!という発見にもなりましたし、二重顎は顎だけケアしてもダメなのかも、、、そうか!!!

顔全体で一つだから気になる場所だけケアしてもダメだ!!

という超重要なことにも気づくことができました!!!

 顔全体をまんべんなく、満足いくまで3回くらい通してやると、ものすごいスッキリします。

顔が重たく感じていたのが、シュッと軽やかになります。

時間がない時は顎だけ、口角だけ、目元だけ、とぐるぐるローテーションを組んでやります。

目元のシミやしわが気になる部分には、ビタミンC水溶液をつけて直接肌に送り込んでいます。

 

とにかく顎だけは毎日ひたすら続けていた結果、ぼやけていたフェイスラインできてきました!

シミも薄くなってほしいな~。

20代のころまで戻れるかしら~(それはきついか)

と同時に嬉しいのが、顎は唇周辺の筋肉とつながっていて、いつもぐいぐい引っ張られていたのもあり、唇をすぼめた時のしわがなくなっていたんです!!

これはすごい!

 

美顔器ランキングやレビューもとてもいい

レビューを見ると、海外の人も愛用しているのが良くわかります。英語で書きこまれていたり、アジア圏では美容YOUTUBERが紹介していたり。

そのせいもあってか、楽天の美顔器ランキングなどでも常に上位。

信用のおける人気製品だと言えます。

ちょっとたるんできたな、どうしよう・・・という方に、

スマホを見ている時間が長くてケアが必要・・・という方に

エステに行く時間はない!・・・という方に

ぜひおすすめです♪

美容機器専門店 ザ・ビューツールズ